デザインに関するよもやま話


List

Archive

Category

Link

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:--

 ソットサスー定理に基づいたデザイン展
先日もふれましたが、汐留でソットサスの展示をしています。作品はアベットの協力によって2005年のサローネで発表されたソットサスとの40年という展示の際に作成されたものが多く見られます。これは60年代の一連のシリーズsuper boxやアルキミアbauhaus collectionの作品やメンフィスの作品などです。過去の作品を2005年にアベットが再制作したものですが、それをこの日本で生で見ることができます。new domestic landscape展に展示されたようなものたちがです。
ソットサスが60年代からずっと模索した”精神の投影としてのデザイン”の1部が見れる貴重な機会です。
この展示にあわせてよせられたソットサスの言葉があります。
”必ずしも同じ椅子や、ソファーや、歯ブラシを1万本生産することをめざさなくても、デザインすることだってあてもよい。
デザインの定理と追求するためにデザインすることだってあってもよい。”
ここの彼のデザインを解くキーワードがある気がしました。
ちなみにカタログ(小冊子)も売っています。日本語で読める貴重な1冊です。

shiodome.jpg


スポンサーサイト

テーマ:デザイン - ジャンル:学問・文化・芸術

未分類 | Comment:0 | 2007/01/24(水) 23:14

次のページ




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。