デザインに関するよもやま話


List

Archive

Category

Link

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:--

 パントン展のレクチャーに行って来た
今日からパントン展が始まり、キュレーターのマティアスさんの講演というのがあったので行って来た。
この大回顧展のキュレーターによる言葉はぜひとも聞きたかったので、行ってみた。近所だし。
vitraの本に書いてあるであろうことを丁寧に説明してくれたので、非常に理解が深まった。もちろんですが、vitraの本は英語版なので、読破する気はいままでも、これからもなかったので非常に有意義でした。(もちろん部分的にはきちんと読んでいたが)
かなりパントン自身は実験精神にあふれていた人物であるということが強調され、マティアスさんはそこを大きく評価しているようでした。
そうでなければ、あのパントンチェアは実現しなかったのだと。
デンマークを離れ、バーゼルに移り住んだのは、自分のデザインしたパントンチェアを完成させるためだそうだ。
ヴィトラが技術的な協力をしてくれることになったため、スイスに移り住んだ(最初は数ヶ月のつもりが、永住になってしまったらしい)んだそうだ。ちょくちょく打ち合わせやら、研究が必要だったかららしい。

一応、今後2回あるトークショーもいくつもりだが、ものの質として今日ほどのきっちりした知識を得られる場ではないでしょうから、今日は有意義であったな。
今後2回のトークショーはパントン好きが、パントンを語るのであろうからディティールな発見話になるのでしょう。多分。いくつもりですが。
宮川さんが何を話すのかが、気になっているし、一番興味深い気もする。
ちなみに、展示は見ていない。まだ。

スポンサーサイト

テーマ:デザイン - ジャンル:学問・文化・芸術

未分類 | Comment:3 | 2009/10/17(土) 16:39

次のページ




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。